コロナ時代にブランド価値を高める

ブランドとは「信頼や約束の証」です。顧客にニーズが発生したときに、「あそこの商品にしよう!」と想起されなければなりません。

コロナ収束後には、価値観が大きく変わると言われています。これまでの「当たり前」がリスク要因になるかもしれません。コロナ禍をうけて、「安心」、「安全」が消費者の判断基準の大きなウェイトを占めていきます。これまでとは違う考え方や行動が求められます。

まず、短期的な視点では自社内での顧客や社員に不安を与えないような安全対策はもちろん、既存顧客に自社への信頼感や安心感を与えなければなりません。その対策は行っているだけでは意味がなく、顧客に伝えているかどうかが大きな違いを生み出します。WEBサイト・ニュースレター・案内状などでしっかりと拡散させる必要があります。さらに、顧客に寄り添う支援策を充実させ、共感性を高める事も大切です。事業の再開は必ずやってきます。自社を安心してご利用いただけるように信頼感・安心感を醸成する事が、引き続き購入していただくための準備となります。

そして、長期的な視点では、ブランドアイデンティティ(ミッション)・ペルソナの再構築から始めます。前コロナ時代に設定したペルソナは、コロナ後の価値観を反映していません。ペルソナの不安・不満などの内面は、コロナ前・コロナ後では大きな変化が起こっています。大勢が集まる事を避ける、移動せずにオンラインを活用する、通販サイトでの購入頻度の高まりなど、すでに皆さんのライフスタイルも大きく変化していませんか?顧客が求めている価値を提供する「ブランド」のあり方を進化させるべく、ブランドアイデンティティの再構築を行い、各施策に反映させていきます。

このように、コロナ収束後を先読みし、先取りした対応をしっかりと行うことで、アフターコロナは自社のブランド価値を高める絶好のチャンスとなるのです。一緒に乗り越えていきましょう!

関連記事

  1. 採用活動とはマーケティング戦略

  2. ブランドづくりはファンづくり

  3. 小さな会社だからこそ、ブランド戦略

  4. コロナ時代のファン客とは?

  5. アフターコロナ「7割経済」を乗り越える!

  6. ブランドアイデンティティを活用する

PAGE TOP