戦略的なコミュニケーション

企業は、様々なステークホルダーに対して企業理念にもとづいたコミュニケーション活動を行う必要があります。具体的には、社員・顧客・取引先・株主、地域社会などがステークホルダーにあたります。

企業は、自社の意思や提供価値を様々な媒体で発信しています。ステークホルダーは自分たちにとって価値ある情報を求めていますが、社会の動向の変化もあり、両者には常にギャップが存在し、拡大する可能性すらあります。

だからこそ、そのギャップの存在を明らかにし、隔たりを埋めていく戦略が求められます。場合によっては、企業活動そのものを戦略的に変化させていく必要性に直面するかもしれませんが、企業に変化を起こす原動力となることもあり得ます。  企業ブランドを構築する場合は、経営理念をベースとして伝えたい思いや価値を意図的・一貫性・継続性をキーワードとして情報発信しなければなりません。

まずは、両者のギャップを可視化するためにターゲットを絞り込み、ペルソナを設定します。なぜならば、性別・年代・家族構成といったターゲットの属性によって求めている価値が違うからです。そして、設定したペルソナの不安感や不満など内面的なことを探り、そこに隠されている真のニーズやウオンツを仮説として明らかにし、届きやすく情報を加工・整理します。  また、情報の受け手であるターゲット・ペルソナがどんな印象を企業に対して抱いているかを想定し、コミュニケーション(情報発信)の目的や効果測定ができるような目標を決めていきます。

そして、広告媒体・会社案内などの紙媒体・webサイトなどから、目的や目標達成のために、最も効果的で効率的なメディアを選択します。場合によっては複数の媒体を活用し発信していきます。

その結果をうけて、PDCAを回していくことで、当初のギャップが埋り、ステークホルダーとのコミュニケーションの質が高まっていきます。

関連記事

  1. ブランドづくりはファンづくり

  2. ブランド・アイデンティティを具体化する

  3. 2018年5月、経産省・特許庁から「デザイン経営」宣言が提言…

  4. 小さな会社だからこそ、ブランド戦略

  5. 経営理念とブランドと広報

  6. ブランドが購買行動につながるしくみ(ブランド認知編)

PAGE TOP